キャンバストートバックの人気ブランドのおすすめアイテム9選!!

はじめに

今回はトートバックについてまとめていきたいと思います。

バックパックを使うほどの荷物はないけれど、ポケットでは無理がある。

そんな時にトートバックがおすすめです、気に入ったものを一つでも持っておくと普段の生活が便利になります。

ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね!

価格高めのトートバックから紹介します!

MAISON KITSUNE

MAISON KITSUNÉは2002年に設立されたフランス パリ発のブランド。 “ニュークラシック”をキーワードに、確かな職人のノウハウと多種に及ぶ上質な素材を用いて、モダンでありながらもタイムレスなスタイルを提案し続けている。

上品なトートバックが欲しいなら「MAISON KITSUNE」のトートバックがおすすめです。

かっこいい、上品なデザインで、きれいめなファッションにも合わせることができます。少し高めですが、トートバックにもこだわりたい人におすすめです。

 

MHL

ノーアイロンで着る身頃のたっぷりとしたシャツを提案し、英国の伝統を打ち破ったデザイナーとして華々しくデビューを飾った「MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)」

「MHL」のトートバックは不動の人気で、よく街で見かけると思います。細部までこだわって作られており、ショルダーの部分が太くて、肩から落ちにくくなっています。
MHLの価格帯は非常に高く、できるだけお金をかけたくないという人にはお勧めできません。

しかし、どんなファッションにも合わせることができて、長い間使うことができるのでお勧めです。トートバックにお金をかけることができる人にはお勧めできます!

 

Ralph Lauren(ラルフローレン)

企業としてのラルフ・ローレンは、特に高級スーツやポロシャツなどのメンズウェアでその名を知られ、ブルックス・ブラザーズと並ぶアメリカン・トラディショナル(アメトラ)の代表的存在とされている。

大人の男性が良く着ているブランド「ラルフローレン」にもトートバックがあります。

大学生なら被ることも少なく、他との差別化ができます。中高生はまず買うことが無いブランドだと思うので、大人のおしゃれとして良いアイテムだと思います。

 

 

YAECA(ヤエカ)

コンセプトは「必然的にシンプル」YAECAは日常の中で無意識に使っている日用品を作り出すように環境を見て、生活を見てそれら周りとの関係を見ることにより生まれる 必然的にシンプル なデザインをカタチに。

無地でしっかりとしたトートバックが欲しいという人は「YAECA」のトートバックがおすすめです。

できるだけシンプルに作られています。さらに細部までしっかりとした作りになっており、シンプルが好きな人におすすめできます。

ORCIVAL(オーシバル)

1939年フランス・パリで、チャールズ・バルト氏がフランス中部にある小さな村の名前を使ってORCIVALブランドをスタート。
1950~60年代、フランス海軍に制服としてマリンTシャツを提供していた由緒あるブランドです。

落ち着いた印象のトートバックで人気のORCIVALです。

個人的にかぶることも少なく、落ち着いたデザインなのでおすすめです!画像の方は肩にかけるよりも手で持つのがかっこいいと思います。

 

 

コスパの高いトートバック!

Ron Herman(ロンハーマン)

 

「FRED SEGAL(フレッドシーガル)」のバイヤーだったロン・ハーマンが、1976年ハリウッドのメルローズアベニューにオープンしたセレクトショップ。

個人的にロゴが一番かっこいいと思うのがこの「ロンハーマン」のトートバック。
黒が主体で、文字が白のトートバックは男性におすすめです。カジュアルな服にも相性がよく、「かっこよさ」を求める人におすすめできます。

 

 

EDWIN(エドウィン)

エドウインのジーンズの特徴として、ペーパー・ブラシを用いてジーンズにヒゲを出したり、シェービングを用いて全体的な色落ち加工を施したり、ほつれを出すなどのダメージ加工が挙げられる。デザインの特徴としては、ポケットのWのステッチ、EDWINロゴを大きく配した皮ラベルなどが挙げられる。このデザインは1960年代のモデルから引き継がれているデザインである。

デニムでおなじみの「エドウィン」のトートバックです。

デニムが有名なブランドだけあって、カジュアルなデザインになっています。シンプル過ぎるのは嫌いで、カジュアルなアイテムが好きという人におすすめです。

 

 

THE NORTH FACE(ノースフェース)

アウトドア用品や衣服、登山用具の制作・販売を手がけるアメリカ合衆国の企業である。山岳で登山が難しい北側のことを指すノース・フェイスが社名の由来である。

バックパックやダウンなどで有名な「THE NORTH FACE」のトートバックです。

これも人気のアイテムで、多くの人が使っています。

しかしデザインが良く、ブランドの価値もあり、価格も安いのでおすすめです。

 

 

coen(コーエン)

“easy chic”をコンセプトに、エイジレスでベーシックなカジュアルスタイルをご提案するcoen。アメリカ西海岸のrelaxした雰囲気をイメージソースに、リーズナブルで品のあるデイリーウェアが揃います。

実用性が高いのが「coen」のトートバックです。

肩にかけることもできるし、手で持つこともできる万能なアイテムです。デザインもとてもシンプルです。

価格も安く、便利で、デザインも良く大変人気なアイテムで多くの人が使っています。被ってもいいという人にはおすすめできます。

 

まとめ

トートバックはとてもシンプルなアイテムです。

シンプルゆえに、デザインやブランドにこだわって選ぶことが大切です。今回の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。