【大学生】一人暮らしの部屋探しで絶対に後悔しないおすすめ物件

まずは大学合格おめでとうございます!

今は不安な気持ちとわくわくする気持ち、半分半分の時期だと思います。

その不安な気持ちの中に「一人暮らし」が初めてで気になることが多いという人が沢山いると思います。

そこで今回は、一人暮らしの物件選びについて、紹介していきます

大学生 一人暮らしの部屋探しの大まかな流れ

1.場所を決める(最も重要)

2.家賃の設定

3.広さや間取りを決める

まずは各項目の注目ポイントを見ていきましょう!

大事な場所を決めよう

大学生の物件選びについては、この場所選びが一番大切です。

これから生活していく場所なので、慎重に選びましょう!

駅に近くの物件

メリット

駅に近い物件を選ぶメリットとしては、圧倒的に移動に便利だということです。

都会に買い物に行くときや、バイトに行くとき、大学に行くときにも便利です。

デメリット

大きな駅に近いと、夜遅くでも家の外を出歩いている人がいるかもしれません。

夜にうるさいのが嫌だという人はおすすめできない場合があります。

学校近くの物件

メリット

学校近くのメリットとしては、すぐに学校に行くことができるということです。

「朝早く起きれない」という人にとっては特におすすめです。

部活で朝早い、一限目を入れている人は学校に近いといいかもしれませんね。

デメリット

やはり、大学生が多く住んでいます。

深夜になってお酒を飲んだりしている部屋からうるさい声が聞こえてくるかもしれません。

コンビニに近い物件

コンビニは24時間営業で、食べ物や日用品、生活に必要なもののすべてを買うことができます。

近くにあれば深夜に何か食べたくなったり、急に人が来ることになっても安心です。

スーパーに近い物件

食材だけでなく、生活に必要なものが全て揃えることができます。

コンビニよりも食材が安く、種類も豊富なのでよく自炊する人や節約したい人は近くにあると便利です。

家賃の設定は慎重に

東京で大学生の家賃平均

東京・首都圏の大学や専門学校

平均家賃・・・56,758円

https://www.gakusei-walker.jp/yachin/university.htm

広さと間取りは二択

ワンルーム

ワンルームとは、キッチンスペースが含まれた1部屋だけの間取りのことです。

玄関を開けたら、生活スペースがそのまま見える間取りです。「1R」と表記することもあります。

1K

1Kとは、キッチンスペースが生活スペースから独立していて、1部屋だけの間取りのことです。

玄関を入ってから生活スペースまでの間にドアがあり、生活スペースを隠せます。1部屋+K(Kitchen)という意味です。

トイレとバスルームが別かどうか

トイレとバスルームが一緒だと不快に思う日本人は多いと思います。

気になっている人は、物件を見る際にチェックしてください。

 

上記の項目を鑑みて、個人的におすすめする物件の条件を紹介します!!

 

僕がおすすめする、大学生が選ぶべき物件

おすすめの物件の場所

・学校から徒歩30分以内の場所

やはり、ほぼ毎日通うことになる学校には近い方が良いです。

近ければ近いほど通学時間を短縮できるので、最低徒歩30分以内の場所がおすすめです。

・駅かバス停まで徒歩10分以内

大学生の移動手段として原付や、自転車があると思います。しかし、これらは雪や雨が酷い日に乗ることができません。

バス停や駅があると、移動の幅が広がり、悪天候の日でも安心して目的地に向かうことができます。

・学校と家の間にスーパーがある

家からスーパーが遠いと日々の食材や、生活用品を買うのに面倒になってしまいます。

しかし、学校と家の間にスーパーがあると、学校帰りに買い物をして帰ることができます。

帰り道で買い物も済ますことができておすすめです。

おすすめの家賃

・家賃は2,5000~4,5000円

都内の家賃の高い場所でない限りこの範囲で十分だと思います。

毎月払う家賃ですが、高すぎる物件を選んでしまうと家計を苦しめてしまうことになります。

あまり奮発してしまうと、出費の多さに後悔してしまうことがあるので注意が必要です。

おすすめの間取り

・絶対に1Kがおすすめ

玄関から部屋の全体が見渡せてしまうワンルームは、家に来た人に部屋を覗かれてしまう可能性があります。

さらに料理をした際に部屋全体に臭いが充満してしまいます。

バスルームとトイレ

・バスルームとトイレは別々がおすすめ

部屋に泊まりに来るということが多くあると思います。

誰かがバスルームを使っている時にトイレを使うことができません。

できれば別々にするといいと思います。

まとめ

部屋選びは本当に大切です。一度契約してしまったらなかなか解約をすることができません。

慎重に選んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です