iPhoneで勝手にロック画面に戻ってしまう不具合を治す7つの方法


ゾウ
こんにちは、大学生ブロガーのゾウ(@zou3nt)です!

突然ですが、みなさんはiPhoneで不具合が起こってしまってことはありますか?

僕はあります、つい最近起こりました。

アプリを使っていると、画面が暗くなり、ロック画面に戻ってしまうという不具合が起こりました。

今回の記事はそんなiPhoneの不具合を治すための記事です。

iPhoneが勝手にロック画面に戻ってしまう

iPhoneの不具合はネットでも多くの声が

この不具合を治すためにするべき7つのこと

1.電源を切ってみる

これが一番簡単で、不具合を治すための方法として効果的だと思います。

電源ボタンを長押しして電源を切ります。

そしてしばらくして電源をつけます。

この方法で治らなければ次の方法を試してください。

2.マルチタスクの消去

マルチタスクとは、ホームボタンを二回押すと左側に画面が出てくるものです。

これはバックグラウンドで起動しているアプリです。

これを上にスライドすることで消去になります。

3.再起動をしてみる

再起動の方法はiPhoneの世代によって変わってきます。

iPhone6まで

ホームボタンと電源ボタンを長押しします。

iPhone7以降

電源ボタンと音量ボタン下を長押しします。

そのまま画面にリンゴのマークが出るまで押しっぱなしにします。

 

大体の症状はここで治ります。
しかし、この方法で治らない人もいるかもしれません。
上記の方法で治らなかった人は4~7をお試しください。

4.アプリの通知をオフにしてみる

「設定」→「通知設定」

そこで普段使っていないアプリの通知をオフにします。

5.日付と時刻の設定を変更する

「設定」→「一般」→「日付と時刻」

日本となっているところを他の国に一時的に変更します。

しばらく待って日本に戻します。

勝手にロック画面に戻ってしまう不具合は、この方法で治ることが多いらしいです。

6.すべての設定をリセットする

「設定」→「一般」→「リセット」→「全ての設定をリセット」

このリセットをすることでアプリのデータが消えることはないので安心してください。

このリセットで消えるデータ

・Wi-Fi
・通知
・コントロールセンター
・おやすみモード
・画面表示と画面の明るさ
・壁紙やサウンド
・TouchIDとパスコード
・位置情報
・キーボード
・各種機能制限
・Spotlight検索
・Siri
・各種アクセシビリティ
・アラーム
・iTunesやAppStore自動ダウンロード
・アプリのバックグラウンド

7.アップルストアに問い合わせる

上記の1~6の方法で治らない場合はもう一人で治すことはあきらめましょう。

アップルストアに連絡してみてください!

自分のiPhoneの不具合を伝え、修理が必要かどうか調べてもらいましょう。

まとめ

今回の記事が参考になれば幸いです!

1~6の方法で治らない方は、アップルストアに問い合わせて修理が必要かどうか調べてもらいましょう。

 

ココナラでの購入から取引の流れ トラブルを回避するための重要なポイントを解説する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です